木のはなし

木は、なぜ良い素材か

感触
木は熱伝導率が低く、熱を奪われにくく、触れると温かく感じる。木材の硬さは人に優しく、子供が転んでも怪我が少ない。
見た目の柔らかさと、香り
木材の色相は、赤から黄色までの範囲で温かく感じる。木材には、不規則な模様や適度なゆらぎがあり、見て安心する。木目や節のそよかぜ効果もある。木の香の成分は抗菌作用があり、ストレスを和らげ、森林浴効果がある。
調湿作用
木は空気の乾燥時に水分を出し、雨の日には吸湿する。内装に木材を使った部屋で、雨の日窓を開けて実験。湿度は90%、その後窓を閉めて1日おくと、55%になる。木材は湿度調整をする。
木は燃えない
小さく薄い木は燃えやすいが、大きく厚い木は燃えにくい。火災時にも木材は有毒ガスを発生しないので、生存率が高い。

日本の森林と木材

日本の森林資源と木材の自給率
日本の森林面積は、国土の67%、人工林4割、木材の蓄積は35億立米、年3%ずつ増加。需要は年間1億立米、国産比率は25%。輸入材が入り過ぎ、国内外で問題を起こす。
木を伐ることは、環境破壊になるのか
木は光合成によってCO2を吸収し、酸素を放出する。この基礎代謝力は樹齢と共に低下する。伐採利用する。高樹齢の木を伐採利用し、その後に植林すると若い木が育ち、森林の活性化がなされる。山の手入れが必要、間伐の遅れ、山が疲弊している。
木材のライフサイクル
木材は環境に負担をかけない資源である。木材は光合成を行い、炭素を固定化すると言う意味で、環境負荷を低減する性質を持っている。大切に使い、最終的にリサイクルを行なえば、環境に理想的な資源となる。
日本の住宅の寿命
日本政府金融公庫調べで、日本の住宅は約25年で解体されている。アメリカは100年。イギリスは140年。 原因 気候や経済的問題もあるが、ライフスタイルが急激に変化している為か。少なくとも100年に。
木材を長持ちさせるには
第一に乾燥させること。生材は含水率100から200%。生材は強度が弱く、腐り易く、乾燥後に変形する。家の寿命に影響。家を長持ちさせるには、断熱工法に注意する。外断熱と内断熱の違い、壁の中の空気の流れに注意。

緊急提言
現在約25%の国産材比率を50%以上に引き上げ、日本の森林のCO2のの吸収効果を高めましょう。
商品紹介
設備紹介
施工例
会社概要


インフォメーション
お問い合せ
森谷材木店へのお問い合わせはこちらからどうぞ。


インフォメーション
楽天市場店
Yahoo! ショッピング